やさしい学資保険

学資保険は子供がおおむね10歳まで加入できる

学資保険は子供がおおむね10歳になるまで加入できます。
ただ、学資保険は将来の子供の学費という大きな負担に対する備えという観点から見れば、専門家の意見では生まれてすぐに加入するのが一番無駄がないと言えます。

その理由は、例えばもらえる総額が400万円の学資保険に加入するにしても、生まれてすぐに加入した場合と5歳などある程度成長してから加入する場合とでは毎月の支払金額が数千円~1万円程度増えることがあるからです。
本来将来の負担をなくすために貯蓄する学資保険なのに、毎月の負担を大きくしては本末転倒です。

毎月の負担が大きければ、それだけ子供が学校への入学で大きなお金が必要になった時に保険が支払えず解約なんていうことにもなってしまいます。
もちろん解約した場合は保険料は無駄になってしまいます。
そういうリスクもあるために、多くのファイナンシャルプランナーや保険相談の専門家たちは学資保険は生まれてからすぐに入るのが当たり前ということをいうと思います。

では、どうしても生まれてすぐには加入できないという場合はどういう保険を選べばよいのでしょうか?
多くの金額を積み立てる際は毎月の負担は大きくなると予想されますので、入学時の負担をなくすために入学時に祝い金を出してくれる学資保険を選びましょう。

おすすめはアフラックの「夢みるこどもの学資保険」です。
この保険は返戻率が111%と高い貯蓄性を持っていて、さらに中学、高校、大学入学時に祝い金を支払って親御さんの負担を軽くしてくれる保険です。
また、フコク生命でも同じような商品が出ています。フコク生命の「みらいのつばさ(祝い金あり)」では、幼稚園入学時から祝い金をもっと細かくもらっていくことが可能です。
ただし、返戻率は109%程度にまで落ちます。

さて、保険を最後に決定するのは、ある程度細かいシミュレーションをしてからのほうが無難です。
そのためにファイナンシャルプランナーの無料相談が全国にあるので、そういうものを利用してお得な保険に加入しましょう。
一度学資保険の資料請求をしてみてはいかがですか。