やさしい学資保険

ファイナンシャルプランナーによる学資保険の見直し

ファイナンシャルプランナーによる学資保険の見直しでは、徹底的な支払の無駄を正して生活の負担を一気に軽くしてくれます。
その理由はファイナンシャルプランナーという立ち位置が保険屋さんの立ち位置とは違い、保険会社の社員ではなく、お客様の利益のために相談に乗ってくれるからです。
実は、多くの保険屋さん自身が加入している保険は、お客様に勧めている保険とは全く違うものである場合があります。

さて、実際にファイナンシャルプランナーに相談した場合に、「省くほうがいい」と言われる保険の無駄は以下のような部分です。

「入学時お祝い金を給付」という仕組みの学資保険の場合、毎月の保険料の内訳は「通常の保険部分」+「お祝い積立て」で割高になっています。
その分多くお金を支払っていることになるのです。

「いざという時のために・・」が現実になる確率は、全体の3%程度です。
例えば、実際に子供が入院する割合は100に1人程度で、確率にして1%くらいしかありません。その確率にいくら払いますか?

もし上記のような仕組みについて知らなかったという人は、一度しっかりとした頼れるファイナンシャルプランナーに相談して、加入している保険の内容と金額について確認してみるのが良いと思います。
過剰に保険料を支払ってしまっている可能性があります。

結局、保険商品とは最終的に保険会社が儲かるようになっている仕組みの「ビジネス」です。
どの保険会社も「ビジネスとして」保険商品を提供しているのですから、保険会社に損が出るような仕組みにはなっていません。