やさしい学資保険

保護者の死亡や高度障害などに備えた育英年金(養育年金)を付けた学資保険

保護者の死亡や高度障害などに備えた、育英年金(養育年金)を付けた学資保険は保護者が何かあった時にお金が下りる便利な学資保険です。
将来何があるのかわからない不安に対しての備えを期待される方には、非常にお勧めできる保険となっています。
しっかりとした保障がついてくるのですが、その分デメリットもあります。

一般的な学資保険は養老保険のように貯蓄型の生命保険を利用してお金を貯める仕組みです。
学資保険が養老保険だけなら「支払い保険料≦受取額」となりますが、学資保険には育英年金特則が自動的に付加されているものが多く、さらに子供の入院特約が付けられたりしています。
この特則や特約は掛け捨ての保険なので、この部分の保険料は積立にはまわりません。

昔は積立部分の運用利率が高く、特約や特則の掛け捨て部分の保険料を払っても「受取額>支払保険料総額」となりました。
しかし今は運用利率が低いために、「受取額<支払保険料総額」となってしまうわけです。

現在加入している方もプランを提案されている方も、一度次の計算をしてみましょう。

一回分の保険料×満期までの払い込み回数=A支払保険料総額
中学や高校や大学入学等で受取る祝い金の合計+満期受取り額=B受取額

となります。

さて、このような計算をしっかりとして、それでもやっぱり育英年金が付いた学資保険に加入したい場合におすすめの保険会社は、かんぽ生命の「新育英年金付学資保険」です。
こちらは契約者が亡くなった時に以降の支払いはする必要がなく、育英年金が以降のお金を支払ってくれるタイプの保険です。
また、子供の医療保障に対する特約も付けることができるので、子供が万一けが、病気などで入院した場合に保険金が下りる形にすることも可能です。

日本生命のこども保険である「げんきEX」もおすすめできる保険です。
こちらは入学お祝い金がついていて、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学の5つのステップでお祝い金がもらえるうえに契約者が万一亡くなったりして保険金が支払えなくなった時に、育英年金からお金が満期まで受け取れる仕組みの保険です。
こちらにも育英年金を付けた学資保険について詳しく掲載されています。