w 貯蓄型学資保険は返戻金を重視した商品

やさしい学資保険

貯蓄型学資保険は返戻金を重視した商品

貯蓄型学資保険は、返戻率を重視した商品です。
この保険は子供の医療保障(病気、ケガでの入院時の保障や親に何かあった時の保障)よりも、支払ったお金よりも、たくさんのリターンを得たいというご家庭におすすめのプランです。

これに対して医療保障重視の学資保険には大きなデメリットもあり、それは支払った保険料の総額よりも満期時にもらえる保険料の総額が数十万円少ないという点です。
そのために最近では、子供の医療保障は掛け金の安い共済で大丈夫だからできるだけ教育資金の足しになるように、この貯蓄型学資保険を選択するご家庭が増えてきています。

では、現代の教育費はどれくらい貯蓄型の学資保険でまかなうことができるのでしょうか?

基本的に子供が大学を卒業するまでの教育費の総額は1千万円~2千5百万円にもなります。
それに対して貯蓄型の学資保険で例えば月々2万円の掛け金を支払っていった場合、ソニー損保の貯蓄型学資保険ですと満期時に470万円もらえる計算になります。

ただ、これだけでは全然足りないことがわかりますよね。
そういうこともあって、学資保険はできるだけ貯蓄重視で、学資保険だけのために選ぶというご家庭が圧倒的に多いです。

では、この貯蓄型の学資保険で返戻率が高くておすすめの学資保険はどこの会社の商品がいいのでしょうか?

返戻率が高いことでおすすめは、日本生命保険の「ニッセイ学資保険」です。
こちらは返戻率が114.03%と今現在、日本の中でもトップクラスの返戻率になります。
モデルプランを紹介すると、大学生になってから100万円、その後19歳、20歳~22歳になるまで1年刻みで50万円もらえる(22歳満期)形で、大学入学時から毎年の授業料のサポートも万全になっています。

他にもおすすめできるのはフコク生命の「みらいのつばさ学資保険」です。
こちらも111%の返戻率と非常に高い利率を設定しています。

保険を決める際には専門のファイナンシャルプランナーの方によく相談して、失敗しない保険選びを実現しましょう。

↑には更に詳しく貯蓄性重視の学資保険について掲載されています。