やさしい学資保険

子供の万が一に備えた子供保険と教育費のための学資保険

子供の万が一に備えた子供保険と教育費を補うための学資保険は、子供の将来の病気、けがのことを考えるとどちらに入ろうか迷うところです。
医療保障重視の子供保険と、医療保障よりも貯蓄が重視の学資保険では、支払った金額に対しての満期時にもらえる金額が大きく異なってくるからです。

医療保障重視の子供保険だと、病気やケガで入院した場合と死亡した場合に保険料を負担してくれるものが一番多いです。
ただし、保険金としてもらえる総額からこの時に医療費補助として使われた分はマイナスされることになります。
通常子供の入院等が何もなかった場合でも、保険料の総支払額はもらえる金額の総額よりも数万円~数十万円多くなります。
これは結構大きな損と考えるご家庭が多いようです。

ちなみに医療保障重視の学資保険では返戻率が110%を超える商品が多く、元本割れ(支払った保険料総額よりも戻ってくる保険料総額が少なくなること)が起こらない上に、銀行預金や医療保障重視の学資保険よりも圧倒的に貯蓄性が高い保険がいっぱいあります。
もし万が一、子供が病気がちだとして、いつ入院するかもわからないといった状況の場合でも、共済なら2千円以下の掛け金で子供の医療保険に加入することができますし、そちらのほうがお得度が高いのです。

ですので、最低でも貯蓄型の学資保険は加入しておいたほうがいいのですが、どんな商品がおすすめなのでしょうか?

「貯蓄型の学資保険を選ぶなら祝い金はあるか?」「返戻率は高いか?」「保険のお金はどんな時期にもらえるか?」「満期時期はいつか?」
というようなことを考慮して選ぶようにしましょう。

おすすめできる商品としてはたくさんあるのですが、返戻率が111%以上で18歳で払込み満了(22歳満期)のもので、大学入学時からお金がもらえるもので人気がある商品が「ニッセイ学資保険」、「みらいのつばさジャンプ型」、「アフラック夢みるこどもの学資保険」です。
特にフコクの「みらいのつばさ」では兄弟も「みらいのつばさ」に加入された場合、兄弟割引を受けることができお得です。
「ニッセイ学資保険」では114%の返戻率で保険料がもらえるのでかなりお得になります。

実際に保険を選択する際には、信頼できるファイナンシャルプランナーさんに相談して選ぶのが良いでしょう。
こちらには学資準備の必要性など知っておきたい情報が様々掲載されています。