やさしい学資保険

教育資金の一部として学資保険を

学資保険に対する考え方としては、教育費の一部として学資保険を捉えるということが非常に重要であると思います。
幼稚園から大学卒業までの教育費の総額は、子供1人につき大体1000万円~2500万円します。
それに対して学資保険の満期額は、大体200万円~600万円程度になります。
比べると全額をカバーするのは難しいことがわかりますね!

このように、学資保険と教育費の総額はかなり差があることから、学資保険はあくまで教育費の一部として捉え、他にも備えをするご家庭が増えています。
例えば、学資保険で毎月2万円の支払いの他にも、銀行の定期預金で教育資金の積み立てをされているご家庭などが一般的です。
この場合、確実にお金を用意できるのが特徴で、「学資保険で400万+定期預金で300万円=合計700万円」などの教育資金に対する備えをすることができます。

その他にも、学資保険は確実にリターンがある商品としてかけておいて、別に投資系の商品でリスクは高いけれど大きなリターンを予想して、お金をたくさんかける方も少なくありません。
この方法はリスクが高いのであまりおすすめはできませんが、大きなリターンを予想できるのなら一つの手段ではあると思います。

毎月の積立と組み合わせる学資保険に関しては色々な商品がありますが、支払った総額に対して満期額のほうが高いお得な学資保険を選ぶことが、リターンを期待する人にとってはおすすめです。

支払った金額に対してどれだけ多く満期額をもらえるのかを計算したパーセンテージを返戻率と言います。
一例をあげると、今最も注目されているのがソニー生命の学資保険です。
こちらは返戻率が111.8%の商品もあり、非常に高い返戻率で学資保険を運用できるのが特徴です。

その次に返戻率が高い商品はアフラックの「夢見る子供の学資保険」です。
こちらは返戻率111.3%となっており、ソニー生命に続いて魅力的な補償内容となっています。

やはり戻ってくる金額が多い学資保険を選べばそれだけお金を支払わなくて済むので、多くの方がソニー生命の学資保険にを選んでいます。
こちらには貯蓄性を重視している学資保険について掲載されています。
また、学資保険は掛け金で比較するべきかどうかも考えましょう。