やさしい学資保険

学資保険に加入した方が良い人(自分の意志で貯蓄できない人) ~学資保険が貯蓄に向いている理由とは~


お子さんが生まれたご家庭では学資保険を検討する方々がほとんどです。
これは、学費保険に加入することによって将来までの貯蓄が確実にできるので、子供の将来の教育資金の準備に学資保険が最適な手段として選ばれることが多いからです。
では、なぜ学資保険が選ばれるのでしょうか。

1.銀行よりも貯蓄性が高い

お金を貯めることを考えると一般的には銀行の預貯金が真っ先に思い浮かびます。
これは、銀行に対する安心感から、銀行にお金を預ける人が多いからです。
しかし、銀行の定期預金は現在0.01~0.025%のかなりの低利率での運用となっています。
これは、例えば100万円を200万円に増やそうとすると約3,600年もの期間がかかるほどの低利率です。
しかし、学資保険では貯蓄性を重視した生命保険商品であるため、銀行よりも高利率で運用でき、返戻率が高いものほど将来受け取れる満期金の金額が多くなります。
少しでもお金を増やすことを考えるのであれば「学資保険を有効活用するほうが貯蓄性が高い」という点で学資保険が選ばれています。

2.換金性が低い

コンビニやATMで自由に出し入れできる銀行預金とは異なり、学資保険は払い込んだ保険料を自由に使うことができません。
途中解約してお金を受け取りたい場合や、貯蓄している保険料の中から一部借りたい、などの場合には契約している保険会社に連絡して手続きを行う必要があります。
つまり、銀行のように自由に使うことができない分、ついつい使いすぎてしまって貯蓄に回すお金がない、などということを避けることができるのです。
わざわざ保険会社に連絡してまでお金を使ってしまう人もほとんどおらず、銀行に比べてお金が貯蓄しやすいのに加えて、保険料も自動で引き落とされるので、わざわざ払っているという感覚がなく半強制的にお金を貯蓄することができます。
この点も、貯蓄が苦手な人にとっては魅力的となっています。

貯蓄が苦手で将来が不安という方は、是非学資保険を利用してみてはいかがでしょうか。