やさしい学資保険

学資保険に加入しない方が良い人(すでに教育資金の準備がある人)


子供の教育資金を準備するうえで有効な学資保険ですが、あくまでも保険なので必ずしも必要というわけではありません。

1.すでに教育資金が準備してある

学資保険は教育資金の貯蓄が目的となっているため、教育資金がすでに溜まっている場合は、無理に加入する必要はありません。
むしろ、加入することで二重に教育資金の準備をすることになります。
もちろん、念のために学資保険に加入したい、という方もいるかもしれませんし、余分に準備しておくことは決して無駄なことではありません。
しかし、学資保険に加入すれば、満期までそのお金を自由に使うことはできなくなってしまいます。
さらに途中で解約してしまうと返戻率も一気に下がり、預けたお金の一部がかえってこなくなります。
このように、蓄えがあるにもかかわらず、学資保険に加入すると、デメリットを感じることが多いのです。

2.民間の保険会社で保険に加入している場合

学資保険の大きな魅力として、貯蓄をしっかりできる強制力の高さと、特約を付加することによって教育資金と保障を同時に準備できるという点があります。
学資保険はあくまでも保険であるため、自由にお金をおろすころはできませんし、毎月、計画的に貯金をすることができます。
強制力が高く、一定金額が必要になる大学資金や進学時の貯蓄には適していることがわかります。
また、必要な特約を付加することによって、契約者である親に万一があれば保険料を払わなくても貯蓄し続けることができたり、子供がけがをしたときに治療費のサポートを受けることができたりなど、メリットがたくさんあります。
しかし、これらの魅力も教育資金がすでに溜まっている人には、学資保険への加入はメリットとはなりません。
強制的に貯蓄をする必要もありませんし、特約の魅力も学資保険に付随するものであるので、主である学資保険が必要なければ民間の保険会社の提供する商品のほうがサポートも充実しています。
学資保険の特約の魅力はあくまで学資保険が必要な時でしか生かせないのです。

このように、すでに教育資金の準備ができている方にとって、学資保険はデメリットとなるケースもあります。