やさしい学資保険

学資保険に特約を付けるメリット・デメリット

学資保険には様々な特約が存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。学資保険を検討する際には、それらをしっかりと理解したうえで加入する必要があります。

特約を付加するメリット

特約を付加するメリットとしては、必要だと思って加入した学資保険に付随してほかの保障も同時に準備できているという点です。特約を付加すると、子供の教育資金を貯める目的にプラスして、子供が病気やけがをしたときの医療保障や、契約者である親に万が一の事態があった場合の保障など、お金を貯蓄するほかにも様々なリスクに備えることができるのです。一般的に生命保険は内容が難しく、検討するのが面倒だったりしますが、特約として付加することで面倒な手続きやわざわざほかの商品を検討しなくても同時に準備できるので、利便性の面でもメリットがあると言えます。さらに、特約として付加することによって、一般的な生命保険商品に加入するのと比べると、比較的安い保険料で付加することができるので、経済面でも保険料の負担を軽減できることも魅力の1つとなっています。

特約を付加するデメリット

特約を付加するとデメリットも生じます。学資保険は子供の教育資金を貯めることを主な目的としており、選ぶ際に注目されるのが返戻率です、返戻率とは、自分が支払った保険料に対して将来どれだけ増えてお金を受け取れるかの指標となります。この返戻率が高いほど将来受け取れる金額が多くなるのですが、特約を付加することによって返戻率は下がります。特約に支払う保険料はほぼ貯蓄に回らないので、支払う保険料は高くなりますが、将来受け取れる金額は特約を付加していないものとほとんど変わらないので、同じ金額を貯蓄するために支払う保険料が多くなるためです。そのため、返戻率が悪くなり、本来よりも貯蓄性が下がってしまいます。また、特約は主契約が満期を迎えるとともに消滅します。いままで学資保険と同時に準備できていた保障が、学資保険の満期金を受け取ると同時になくなってしまうのです。もし仮に、学資保険の特約以外に生命保険に加入していなければ、必要に応じて生命保険加入しなければなりません。しかし、学資保険が満期を迎えるころには年齢が高くなっていますので、保険料も高くなってしまっているので、経済的負担にもなってしまいます。さらに、生命保険に加入するには健康状態も関係してくるので、健康状態が悪いと生命保険に加入することができず、保障を受けられなくなってしまう可能性もあります。

以上のように、学資保険に特約を付ける際にはメリット・デメリットがそれぞれ存在するので、ご自身でしっかりと理解したうえで検討しましょう。