やさしい学資保険

学資保険の特約 保険料払込免除特約

学資保険の保険料払込免除特約とは、保険料を支払っている契約者(親)に万が一の事態が起こり、死亡した場合や高度な障害を負った際、それ以降の保険料の払い込み合免除されるという特約です。保険料の払い込みが免除されてその後の保険料を払わなくてもよい上に、契約内容は契約時と同じで、満期が来ると契約時に約束された満期金を受け取ることができます。この特約は学資保険だけではなく、民間の保険会社の商品にも特約として付加されていることが多く、万一の時の保険料払い込みに対する不安となくすのにとても役立っています。

保険料払込免除特約を付加するメリット

保険料払込免除特約は、契約者である親に万一があった時に、その後の保険料を支払わなくても、その契約内容をそのままキープできるので、予定していた子供の教育資金を確実に用意できます。また、この特約は学資保険や終身保険、収入保障保険、医療保険など、生命保険商品にしかない特約機能であるため、銀行の預貯金などで準備していた人は利用できません。さらにこの特約の保険料はとても安いため、気軽に付加できるようになっています。同じ教育資金の準備をするのであれば万が一を考えると学資保険で準備をする方が安心だと言えます。保険料払込免除特約は、多くの学資保険では加入の際に自動的に付けられる特約ですが、付加するかどうかが選択制になっているところもあるので、事前に確認することが重要です。万一の時もサポートしてくれるこの特約は、教育資金を準備するにはとてもメリットのある特約と言えるでしょう。

保険料払込免除特約を付加するデメリット

保険料払込免除特約は契約者にしか適用されません。一般的に、生命保険や学資保険は女性が契約者のほうが安いとされるので契約者を女性である母親にする人も多くいます。しかしその場合、父親に万一のことがあってもこの特約は適用されません。よって、父親に万一があって収入が激減したとしても保険料の払い込みは継続されるので、その点は注意が必要です。契約者はしっかり検討しましょう。また、学資保険の加入には年齢制限もあります。30代や40代の方であれば問題ありませんが、60代、70代になると年齢によっては加入できないケースもあります。祖父や祖母が契約する場合は、保険料払込免除特約はもちろん学資保険に加入できないことがあるため、この点にも注意しましょう。