やさしい学資保険

学資保険が銀行の積立貯金よりも良いところ

学資保険が銀行の積み立て貯金よりも良いところは、支払ったお金に対して返ってくる金額のほうが大幅に大きくすることができるということです。
18年間などの長いスパンで積み立てるなら、数十万円の差という圧倒的なリターンの違いを実感することになります。

例えば、学資保険にも色々ありますが、返戻率が110%の学資保険なら、満期額300万円に対して総支払額270万円で大丈夫なんていう商品もあります。
この場合ですとなんと30万円も得をすることができ、お得に教育資金を積み立てることが可能です。

銀行の積み立て貯金や定期預金の場合は利息が非常に安く、003%から0.2%程度しかありません。
これなら貯金をしたお金は保障されますがそれ以上のリターンが得られないので、子供の教育費に対しての積み立てをするならば圧倒的に学資保険のほうが有利なことはわかります。

ただし、学資保険の種類によっては銀行のほうがお得な場合があるのです。それは医療保障が手厚い特約重視の学資保険です。
そのような商品ですと、病気、けがなどの場合の保障は手厚いのですが、返戻率が100%程度とかなり低くなってしまって支払った保険料のほうが返ってくる満期額よりも高いという事態も起こります。

このように学資保険で銀行の積み立てよりもお得にリターンを得たいなら、特約重視の学資保険よりも返戻率が高い貯金重視の学資保険を選びましょう。
また、保険金額を毎月払いにするよりも年払いにしてまとめて支払ってしまったほうが支払い保険料が安く済むということがありますのでお金に余裕がある時にはどんどん年払いで支払ってしまいましょう。

銀行よりもお得な保険を選ぶなら、返戻率の高い学資保険があります。
代表的なもので、日本生命の学資保険。返戻率が114%なんてものもあります。
また、フコク生命、ソニー生命、アメリカンファミリーに関しても返戻率が111%の学資保険商品があるのでそのほかのサービスを色々比較してみて、一番お得な学資保険をチョイスしましょう!