やさしい学資保険

学資保険の特約 障害特約

学資保険の傷害特約とは、被保険者である子供に不慮の事故が起こった際や、対象となる病気にかかってしまった際に、保険金が受け取れる特約です。災害特約と似たような特約ですが、災害特約よりも保障の範囲が広くなっており、不慮の事故だけでなく、指定された病気も保障の対象となっています。さらに、災害特約では高度障害や死亡時と、保険金を受け取れるのは重度なもののみですが、傷害特約は災害特約よりも軽度な障害でも保険金を受け取ることができるのが特長です。

傷害特約を付加するメリット

傷害特約は、災害特約と同様、学資保険への加入と同時に、子供の万が一の保障を準備することができます。また、災害特約よりも保障範囲が広いため、より多くの万が一の事態に備えることができます。障害の重さによって受け取れる金額は異なりますが、一定の障害状態になってしまった場合に大きな金額を受け取ることができるので、入院や手術、生活費などをサポートしてくれます。民間の保険会社でも様々な保険商品を提供していますが、特約を付加する方が一般的な保険に加入するよりも比較的安い保険料で加入することができるので、経済的に余裕のない方や、ある程度の保障があればいい、という方はこの特約を活用するといいでしょう。

傷害特約を付加するデメリット

前文で災害特約よりも保障範囲が広いことをメリットとして紹介しましたが、民間の保険会社が提供する保険商品と比較すると保障傷害特約を付加するデメリットの上限や対象範囲など、劣っている点が多いのが現状です。もともと貯蓄を目的として作られた学資保険で子供の保障を準備するには限界があり、満足な保障を得ることはできません。また、地域によっては子供の怪我や病気に対して補助を行っているところもありますので、そのような取り組みを知らないまま特約を付加すると無駄な保険料を支払うことになってしまいます。特約を付加する前に、学資保険のほかに子供の保障がいくら必要なのか、また地域で補助制度はあるのかなど、最低限のことを調べてから特約付加を検討しましょう。